Japanese_straight_swords_6th_7th_century

直刀

古墳時代までは、今の日本刀のような湾曲した刀身ではなく、まっすぐだった。

蕨手刀

​日本刀の原型となった蕨手刀。東北地方で用いられていた。

元々は日本でも剣や直刀が使われていた

日本刀は日本独自の刀剣の形で、おおむね、刀身に反りという湾曲がある片刃の武器だ。ただし、これは歴史の中で生まれてきたものである。

 

たとえば、縄文時代にも刃を持つ道具はあったが、多くの場合は狩猟に使うもので、武器ではなかった。縄文時代後期には剣のような形のものも生まれ、石製であることから、石剣と呼ばれる。ただし、これも後世の剣のように振りまわせるものではなく、祭祀のための道具だったと考えられている。


しかし弥生時代になると、大陸から稲作がもたらされ、富が集まるようになる。食糧を奪い合うだけでなく、権力闘争も始まり、武器も必要だ。青銅製の刀剣類が使われるようになり、早い地域では鉄製の刀剣も出てくる。
 

そして、このような弥生文化の集落が大きくなっていく中で現れたのが、邪馬台国のような国だ。その邪馬台国に卑弥呼がいた時代は、3世紀前半で、中国では、ちょうど国志』の時代。物語の「三国志演義』では、それぞれの武将が多様な武器を用いているが、実際は、長柄武器の戟、刀剣類は両刃の剣か、片刃でまっすぐ
の直刀が中心だった。

日本においても、これらを参考にした武器が中心に使われた。だから、古墳時代の埋葬品などには、剣や直刀が多く見られる。そんな中、畿内にあった弥生文化から派生した政権が、徐々に周辺地域へ勢力を拡大する。

 

ただし、日本各地には先住していた縄文文化の流れを汲む地域、文化圏が多々残り、先に渡来していた弥生系の地域政権もあった。有名なのは、東北地方の蝦夷、九州地方の熊襲や隼人といった人々。そして、これらを戦闘や外交で糾合していくのが、畿内政権のテーゼとなった。

640px-Yamato_Takerunomikoto_&_Kawakami_T

日本武尊

​日本の神話でもよく取り上げられる日本武尊。

​数々の逸話のモデルにもなっている。

「芳年武者尢類」

国立図書館所蔵

日本刀の原型とされる蕨手刀

645年の乙已の変から始まる、大化の改新で日本はようやく国家としての形になってくる。以降の律令制度では、軍も中国などに倣って、中央政府が兵役によって集めた兵を編成し、将軍を置いて前線に派遣するものだった。


武具も官製のものが中心で、やはり、剣や直刀、戟などが使われる。そして、これらの軍が戦うのは、まだ、支配が及んでいなかった地方。特に蝦夷と呼ばれた人たちが住む東北地方は平安時代になっても、過酷な戦争
が繰り広げられた。


このような戦闘で、直刀や剣は相手を突くことには優れていたが、切ることには向いていなかった。これに対し蝦夷の人々が使う武器は、柄の先端が蕨のような形をしている蕨手刀と呼ばれるもの。刀身と柄の部分に角度があるので、切ることに優れていたのだ。


このため、蕨手刀の柄と刀身の角度が取り入れられ、日本の刀剣は徐々に湾曲していくようになる。平安時代を通じてこの流れは続き、ついには日本刀となっていくわけだ。