Tachi_Sword_-_Dojikiri_Yasutsuna.jpg

童子切

部門の英雄「源頼朝」の愛刀、

酒吞童子の首をはねたとされる。

源頼朝

清和源氏の一族。

​武力によって台東し、中でも頼朝は酒吞童子切りなど、多くの鬼切伝説を残した。

鬼切伝説、源頼朝対酒吞童子

平安時代中期、都では若い女性が姿を消す事件が起きる。
陰陽師の安倍晴明が占ったところ、大江山に棲む鬼たちと,
その首魁、酒呑童子の仕業と知れた。

 

都を守護する源氏の名将、源頼光に討伐命令が下り、頼光は配下の四天王と大江山に乗り込み、激戦の末、酒呑童子を退治したのだった。

96d5865a18baca54c026f9a573c7182a_edited.

髭切

源頼光四天王の一人、

渡辺綱が振るった源氏の宝刀

渡辺綱

金太郎として知られる坂田公時らとともに、源頼光に仕える。

髭切改め鬼切、伝説とともに名を変える名刀

源氏の家系には、髭切、膝丸と呼ばれた宝刀が伝わる。
あるとき、都に鬼が現れ、夜な夜な人をさらっていた。源頼光の四天王筆頭の勇者、渡辺綱は、
髭切を携えて、騎馬で駆ける。そこに現れた鬼。

 

しかし、渡辺綱は髭切を一閃させ、その腕を切り落とす。このため、髭切は鬼切と名を改め、源氏に継承されたという。

Stay Connected

  • Facebook
  • Pinterest
  • Instagram

©2020 by SAMURAI MANIA.